Top >  浮気調査マニュアル >  浮気調査で押さえる証拠は2つ以上

浮気調査で押さえる証拠は2つ以上

裁判で勝つためには、浮気調査で一つの証拠を押さえるだけでは足りません。

最低でも、二個以上ないと、そのとき限りのたまたまの浮気だったと言い逃れてしまうことが少なくありません。

裁判になる可能性があるなぁ・・・と思ったら、一つでも多く浮気の証拠を押さえるということを心がけてください。多ければ、多いほど有利になります。

まぁ、裁判で慰謝料を請求することを前提にするなら、自分で浮気の証拠を押さえようとせずに、探偵事務所に依頼したほうが無難かもしれませんけどね。

結構、浮気調査はテクニックがいります。

探偵事務所に浮気調査を依頼した場合、一般的に男女2人1組で尾行して、愛人との行動をズーッとビデオで撮ってくれる探偵さんが多いです。

そして、愛人が特定できたら、愛人の勤務先や素性まで逐一報告。調査報告書という形で、ここまで調べてくれるのかという内容を書いてきてくれます。

探偵さんの前で隠し事はできないのではないか・・・と思ってしまうぐらいの情報収集力です。

多くの探偵事務所で、もっとも調査依頼が多いのが浮気調査だから、当たり前といったら当たり前かもしれませんが・・・


でも、根性があれば、最近では、浮気調査のマニュアルが販売されているので、それを参考に、ある程度までなら、自分で浮気の証拠を押さえることも可能です。

いきなり、探偵事務所に依頼するだけでなく、自分で浮気調査をする方法がないか検討してみるのもよいかも・・・やはり、自分で浮気調査をすると費用があまりかかりませんからねぇ。時間はかかりますが(汗)

浮気調査でお金をとるか時間をとるか、悩ませしいですね。


スポンサードリンク

         

浮気調査マニュアル

自分でできる浮気調査のノウハウをお教えします。浮気調査を探偵事務所に依頼すると、1時間1万円前後はかかります。相手の素行が怪しいなぁ・・・と疑っても、浮気調査を探偵事務所に依頼できる方は少ないはずです。基本的に、ここで紹介する浮気調査の方法は、無料でネットで公開されているものを集めています。また、念のため、もっと、高度な手法を知りたい方もいらっしゃると思いますので、有料の浮気調査マニュアルも紹介します。

関連エントリー

イマドコサーチを使って浮気調査!? 浮気調査で押さえる証拠は2つ以上 浮気調査・別れさせ屋の探偵術